自転車を通して活力溢れる人生を

おきなわからちょうど一年

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

昨日は朝軽く作業と

オンラインフィッティングのフィードバックを行ってから、

2時間ほどの練習。

こういう時は小山田周回がちょうど良いです。

いつも小山田走る時は尾根幹の起点から小山田周回の起点のセブンまで、

インターバルをかけながら集中してこなすようにしています。

最初の10分くらいが登り多めなので、

30秒~90秒くらい高強度を繰り返す形になります。

以降の8分くらいはアップダウンをこなす感じ。

いい感じに心拍上げてからの、セブンで水だけボトルに入れて小休止。

小山田は一周がだいたい20~23分くらいなので、

3周やると1時間負荷をかけられてちょうど良いのですが、

単独だとなかなかペース配分が難しい。

とりあえず3周やるかと意気込むも、大体1周目に上げすぎて、疲れてしまい3周目にいけないことがほとんど。

今回もそれでした。次回こそは…笑

でも40分ちょっと負荷をかけられたので、良い具合だということにします。

またタイムも、去年のおきなわ前のタイムと同じだけど自覚強度は去年より低め。調子良いかも。

セブンで休んでいるとママさんや、超イカしているEMUジャージのnanamoさんにお会いする偶然!

実物見てもかっこよかったです(^^)

帰りは強度を意識せず適当に流して帰りました。

パワーメーターが壊れてしまっており、外でのライドのデータを把握できておりません。

新しいのが欲しいものの、

シマノの新型にペダリングモニターが内蔵されるのではと期待してしまい、

買い損をしたくないためなかなか手が出ず。笑

でも来年からまたちゃんと数値おってトレーニングしたいですね。

そんな風に思ったのは、昨日が本来ならツールドおきなわの日だったからです。

その日ということに気づいたのは練習を終えてから。笑

今年はレースに出ていませんが、なんだかんだ言っておきなわのことはずーっと頭の片隅にあります。

全国各地の猛者が、その日のために仕上げた体で集まってる中を走るあの高揚感は、一回出ただけでも病みつきになります。

登れるだけではダメだし、瞬間的なパワーがあってもダメ。下れるだけでもダメ。

全てが求められるなと感じるあのレースは、自分の中では今のところ一番挑戦する気概が起きるレースです。

来年はやるかどうかはさておき、少なくとも意識だけは持って色々なことに取り組んでいきたい所存です。

なんて風に思っていたら夜にもトレーニングしたくなってしまったので、20分のメニューだけやっておしまい。

仕事も色々手を出して忙しくなってきているので、時間を作る努力をしてやれることをコツコツ積み重ねるのみですね◎

趣味も仕事も全力で。

▼この記事をSNSでシェアする▼
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ACTIVIKE , 2020 All Rights Reserved.