東京でここだけ!理学療法士によるバイクフィッティング

【自転車日記】新たな取り組みスタート!

2019/12/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

こんばんは、にっしーです。

今週からathleatureの前川代表のコーチングがスタートしました!

週ごとにメニューを貰いこなしていきます。

3月までのテーマはベース向上と弱点克服ということで、L4-20分2本とか、1分走×5などが中心。

コーチング開始に伴い分かったのが短時間(30秒から1分くらい)高強度の弱さ。

自分からそういう練習も積極的に行えてなかったので自覚はありましたが数字にすると泣

一方で5分ほどの強度は比較的高い基準にある様子。

ただその割には20分以上は低めという感じに。

弱点がわかればコツコツ取り組むのみ!

一人で取り組むとどうしても好きな内容に偏ってしまうので人の目があるだけでも苦手に向き合えます。

せっかく考えたメニューを頂いてるのでサボれません。笑

またコンディションに合わせて適宜調整してくださるようなのでありがたいです。

そんな初週はのっけから疲労があり(スタート前日の4時間走の疲労がw)1分走など短時間中心にこなしました。

1分走って本当にきついです。真面目にやると想像以上。

思い返すとオハサイでも要所要所の坂では粘れず遅れることが多かったなぁと。

7倍以上をキープできるのは3本目の途中までで、あとはどんどん垂れる始末。

伸び代です💪笑

ちなみに2日やっただけですがそこからあけての今朝のライドはいい感じに踏めました。

高強度に体を慣らすと、それ以下の強度に対して精神的な余裕が生まれるような気がしてます。

どんなことも客観的な目線があると主観とのすり合わせができて、取り組みが洗練されていくと思います。

またトレーニング内容に悩む時間と労力が軽減されるのも魅力です。

その分別のことに頭を使えます。

前川代表は自身の選手としての失敗から得たものを多くのサイクリストに還元していこうと、コーチングに留まらずジュニアチームのマネジメントなど幅広く動いています。

ゆくゆくは彼のコーチングと自身のコンディショニング/フィッティングをコラボしたコンテンツができたら面白いなと←

▼この記事をSNSでシェアする▼
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です