ACTIVIKE(アクティバイク)

今後の予定とやるべきトレーニングを覚え書き

Pocket

今日は初参加の2019年の富士ヒルからまる2年だそうです。

 

 

なんというか二年越しにゴールドリングを取れて、喉の奥に引っかかっていた魚の骨がすっと取れたような気分です。

 

あー、嬉しい。笑

 

 

富士ヒルゴールドは自分の中では”ロードレースとブルベに向けた地脚つくりの1つの集大成”と捉えています。

 

絶対値としてのFTPを高めていくことで登坂力と平地巡行力をあげて、ロードレースや超長距離のブルベのに確実に対応できる体にしておきたかったのです。

 

減量を行わなかったのにはそうした理由があります。

 

ここからの最大目標はツールドおきなわ市民140(210への挑戦もまだ迷っています…!)

 

二年前に初参加してすっかり虜になった、素晴らしい大会。

 

長距離のラインレースは、ヒルクライムより適正があるんじゃないかと少し感じているのです。

 

 

 

ロードレースでもっと戦えるようになるために、ここからは地脚を残しつつ無酸素領域も鍛えていかなければいけないと感じています。

 

あと、自分の弱点として最大心拍数が低い(どんなに追い込んでも180が限界)というのがあって、ここを打破しないことには乱発する高強度インターバルに耐えられないんじゃないかと。

 

 

無酸素をもっと叩けば、VO2maxも上がって、結局FTPの向上にも繋げられるはず。

 

 

 

これまで続けてきたSSTやL4インターバルを継続しつつ、L6インターバルのボリュームを増やしていこうと思っています。

 

とりあえず今週は3月からの疲れを一旦抜く週にして、来週からまた地脚硬めのルーティンを再開。

 

あとは週に1回はV坂にいくようにしようと。期間空けてから高強度やるの精神的に辛いので、こまめに少しやっておきます。

 

 

それと並行して、SR600を楽しんでいきます。(富士と奥入瀬は諸事情により断念になりましたが、北関東とか京都とか、とりあえず何か走ります。)

 

 

 

レース予定としては、袖ヶ浦のサイクルジャンボリー筑波の99km、あと一応乗鞍HCにエントリーしています。

 

9月には秩父宮杯をやるみたいなので、ここはおきなわまでの一つのマイルストーンにします。

 

 

仕事では色々な要望をお客様からいただくので、一人の乗り手としてもっと経験を広く深く積んでいきたいところです。

 

レースもツーリングも、しっかり結果を残していこうと思います。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお体、ライドのスタイル、レベルに合わせてフィッティングを致します

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP