ACTIVIKE(アクティバイク)

独立記念日?な6月1日

Pocket

確か3年前の5月末が前職の最終出勤日でした。確か。

 

24歳で給料をもらう立場から自分で報酬を取りに行く働き方にシフトした自分の決断は、いま思い返しても英断だったと思っています。

 

勤めてから真っ先に感じたのは”休む日くらい自分で決めたい”ということ。その時点で何らかの形での独立を決めました。

 

”独立”と一言にいっても、理学療法士が何か事業を起こすのってだいたい整体院か訪問介護系のサービスだったのですが、それもピンと来ずでした。

 

自分だからできることってなんだろう?と悶々と考えていた中で、のめり込んでいたのが自転車でした。

 

仕事中も”次の休みの日はどこ走ろう?”ばかり考えていたあの時。

 

”こんなに自転車にのめり込んでるんだったら、いっそこの趣味にまつわる仕事をしよう”

 

ということで独立してサイクリストの体を支えるサービスが何かできないかと模索し始めたのが3年前の1月くらいでした。

 

仕事の合間に漠然とした構想だけ浮かべて、実際に仲間に声をかけて思い浮かべていたことを実行して、見直しての繰り返し。

 

体だけ見ても乗っている間の悩みの解像度は上がらないので、ローラー台に乗っている姿もみてより包括的に乗り手さんに向き合えないか?と考えて行き着いたのがフィッティングでした。

 

無謀にも退職のタイミングだけ先に決めていたので、尻に火がついたように行動していた当時。

 

退職前は上司ともそれなりに揉めて、テンプレ通りの言葉もたくさん浴びせられて(笑)

 

今振り返ると、上司が色々言いたくなるのもよく分かります。

 

当時の自分を振り返ると、よくその状態で独立したなとか、もうちょっと入念にインプットしたら?とか、色々考えますが…”根拠のない自信”みたいなものがありました。

 

 

あれから3年。

 

 

時には貯金が底をついて毎食豆腐を食べる時もあって…というようなよく聞くどん底経験は幸いにも全くないのです。これはひとえに、支えてくださる皆様のおかげです。

 

もちろん不安定な生活ではあるので、最初は特に”不安”に押し潰されるときもありましたが、それでも”不満”は感じることは一度もありませんでした。

 

自分で立ち上げたサービスなりにすごく楽しめています。サイクルライフの大きなきっかけに立ち会えることはとても幸せですし、当分フィッティングは続けていくでしょう。

 

好きな仕事を好きな時にできていることは、とても有り難いことだなと思います。噛み締めて、楽しんで行きます。

 

そして自転車には…当時イメージしていた以上にすごくたくさん乗れています。笑

 

当時自分の思い描いていた理想の生活(=仕事と私生活のバランスを自分の裁量でコントロールし、自転車という趣味を自分の好きなタイミングで楽しむ生活)は、概ね成り立っていると感じます。

 

概ね、というのはやはり自分が動くのを辞めると収入の大多数が止まる状態からはまだ脱却できていないのです。

 

でも少しずつ、自分の手から離れたところで収入が生まれるようにはなっています。こうした変化には、事業をやるものとしての成長を感じます。

 

 

病院を飛び出して独立するという当時の選択は正しかったと自信を持って言えます。

 

それくらい、充実した日々を送れています。

 

関わってくださっている全ての方に、感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお体、ライドのスタイル、レベルに合わせてフィッティングを致します

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP