ACTIVIKE(アクティバイク)

和田峠と甲武トンネル / 毎週同じトレーニングをやる意味

Pocket

4月最終日は天気がすごく良いので山の方へ。

 

毎週のルーティンとして、”和田峠を2本登る”は崩したくないので、それをやるのを前提としてその後どうするかは気分で決めようということでスタート。

 

川沿いのCRは200wいかないくらいで流し。

 

あ、和田峠手前のパン屋”パン生活”でしろたえさんと遭遇しました。今度は和田活ご一緒しましょう。

 

この時点で棡原とか甲武トンネルの方まで足を伸ばそうと決めていたので、コンビニでスロウバーとスティックおにぎりを購入。

 

ボトルにはパラチノースをたっぷり入れていたので、これくらいで大丈夫だろうと。

 

(結果的にはちょい足りなかったw)

 

相変わらず綺麗な陣馬街道。ここも流し。

 

 

休憩せずにそのまま和田活開始。

 

正直この時点で体重いなぁと感じていたので、300w目安に淡々といくことに。

 

汗が止まらないのもあり、ずるずるとパワーが落ちて297wで14:50。

 

そのまま止まらずに降って2本目。

 

足が回復していないくて(当たり前)、序盤はL4がやっとな感じ。

 

後半にかけて回るようになり、284wで15:15くらい。

 

パワーだけ見ると、今年の和田活で一番悪い数値。タイムが良いのはホイール・タイヤ効果。

 

 

和田峠に限っていうと、同じパワーでも20秒くらい変わっています。

 

 

和田活を始めた時にBORA ONEに履かせていたタイヤは、耐パンク性に長けたRACE Dというタイヤでした。

 

正直、これがかなり転がり重いので、BORAが悪いということでは断じてないです。

 

ただやっぱ、上り坂の掛かりの良さはHYPERが上かなぁ。

 

 

パワーがあまり出なかったのは、おそらく水分不足と脚の筋肉疲労。

 

安静時心拍がここ最近60近くになっています。調子良いときが42くらいなので、だいぶ高い。

 

そしてそういう時は得てしてパワーが出ないです。

 

暖かくなってきているので、より一層しっかり水分取らないと心拍が落ち着かないんですよね。

 

そうすると、同じくらい強度上げた時にすぐに心拍が上がる。

 

 

毎日最低でも2Lは飲まないとなぁ。

 

あとは、単純に期間が空いてしまったことも大きいかなと。レストを多めに入れたのもあり、ここ1週間まとまったトレーニングができていないのです。

 

短期的に鈍っているという感じ。おそらく再来週には元に戻るでしょう。戻ってくれ。笑

 

 

5月末にもう一回和田峠で13分台が出たら幸い。

 

 

こうして同じトレーニングを毎週続けるというのは自分のトレーニングの大きな特徴かもしれません。

 

少なくともレースなりイベントが近くなったら、パフォーマンスの変化を追うための指標となるトレーニングを1つ設定するようにしているのです。

 

同じトレーニングを継続していると、数値的な変化によってトレーニングの進捗がはっきりして、モチベーションが保てます。

 

この時、最大限を毎回求めるよりも。”これくらいできればいいや”という最低ラインを決めるのがポイントです。そうするとあまり気負わずに取り組めます。

 

和田活だったら、二本とも5w/kg以上。今日は未達です。笑

 

トレーニングに本当に集中している時期は、知らない道を開拓する気にもあまりならないのです。それよりも同じことを淡々と繰り返して、変化を楽しみたい。

 

割と変わってる部類かと思いますが、そんな楽しみ方もあるよということで。

 

多分富士ヒルが終わったら、またゆるゆるツーリストに戻るでしょう。

 

 

 

その後は写真をとりつつ棡原、甲武トンネルへ。

 

 

このエリア、きついけどこぎみよくアップダウンが続いてきもちいいんです。

 

甲武トンネルはSSTくらいで淡々と。14:15ー262w

 

その後はおにぎりつまみつつ、向かい風に揉まれながらLSDで耐えて帰宅。

 

 

これからの時期は脱水で一気にパフォーマンス落ちるので、帰ってから今まで2L以上水をば。

 

来週の和田活はいい数字出したい。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

Pocket

次の記事へ

あなたのお体、ライドのスタイル、レベルに合わせてフィッティングを致します

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP