東京でここだけ!理学療法士によるバイクフィッティング

初めての富士ヒル参戦記

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

こんにちは、にっしーです。

まずはじめに、昨日は悪天候の中富士ヒル参加された皆様お疲れ様でした!

自分も今年、初参加してきました。

この冬からゴールドリング(65分切り)獲得を目標に取り組んできた富士ヒルに参戦してきました(^^)

結果から言うと、目標達成ならずの67分18秒でした。

天候的に最悪のコンディションだったので事故なく無事終えられてホッとしてますが…やはり悔しいです!

でも一方で去年の自分では70分切りだって難しかっただろうし、そう考えるとやっぱりこの半年の取り組みは無駄ではなかったなと。

積み上げたものはきっと必ず先々活きてくれると思っています。

レースの中身と振り返り

今回は第5ウェーブ(Eウェーブ)スタート。

事前に把握していた足の合う人のいる位置をスタート前に把握しておいた上でパレード走行で調整していく。

展開はこんな感じです。

・500m地点で脚の合う知り合いなど含め7人?パックに

・4km地点くらいで2人抜け出す

・一瞬迷い2人にじわじわ詰める方向に決めてパックから抜け出す
(ここでじわじわでなく一気に詰めれば良かった…ちなみにこの2人のうち1人の方はお知り合いでもう少しでゴールドというタイム)

・リズムの合う集団が見つからず結果その後ほぼ単独走行に。

・3合目と付近の九十九折、そして大沢駐車場で目標タイムをぞれぞれ1分ずつオーバーし戦意消失。

・奥庭から先だけは何もん考えずに踏んでゴール。

レース自体は1合目手前で終わってますね。

試走から3分近く更新できたのは最初のパックのペースとラストの平坦で多少集団効果を得られたからって感じです。

一番重要な中腹区間が単独になってしまったのが本当に痛い。

そしてこう言ってしまうと元も子もないですが、、やはりスバルラインはかなり苦手コースです。汗

対策としてヤビツ峠のリピートをやったりもしてだいぶ適応できてきたのですが、まだまだ対策が足りなかったようです。

1時間高強度に耐える体に仕上がっていませんでした。

もっともっと地力をつけないとですね。

そして今回の一番の反省は4km地点のブリッジを即座に仕掛けなかったこと。

それくらいのインターバルに耐える練習はしていたはずですし、早い段階でペースの合うパックでリズム作るように立ち回るべきだったので、あそこで躊躇ったのが本当に悔やまれます。

もちろんそこでいったからといってついていけたかどうかは別問題ですが。

フィジカルだけでなくこういった立ち回り方も含めて実力なんだと痛感しました。

本当にレースは生ものです!!

フィジカルもテクニックも磨いて、また来年再挑戦します(^^)

思い出日記と雑感

前日は会場で試乗したり、知り合いの方とわちゃわちゃしたり、エブセン選手に力を貰ったりなど。

フラグですね。

ランチは美味しいハンバーグ◎

夜はいつもの練習仲間の方々と合宿でした!

今回の遠征の大きな楽しみの1つ(^^)

食事はとても美味しく、お風呂もかなり快適でした。

夜も自転車談義に花が咲いてとてもリラックスして過ごせました。
9時に寝て、睡眠もたっぷり6時間睡眠!

3時に起床して、女将さんが握ってくれたおにぎりとバナナと、前日に用意したもみじ饅頭で朝飯だん。

レース当日は軽く済ませるようにしてます。

雨は割としっかり降ってましたが、メインレースだったのでDNSという選択肢はあり得ませんでした。

当日の移動もご一緒させていただいていたなかせさんと会場へ。

渋滞にひやっとしながらも無事定刻に荷物へ預け、スタート前は仲間やお客さんたちと談笑してまたリラックスできました(^^)

ミーハーなので選抜のスタートもしかと見届けました。
(いつか必ずここで戦います…!)

今回雨の中の待機だったので、即席ゴミ袋ジレを羽織りましたがこれがかなり効果絶大!

これ一枚あるだけで暖かかった。

スタートまでもなんというか心拍も落ち着いて、とても穏やかな気持ちでした。

このレースを意識して半年以上準備してきました。

自転車乗りとして、気づきと学びがたくさんたくさんあったこの半年。それが終わってしまうのがどこか名残惜しかった。


どんな結果でも受け入れるつもりで、とにかくやれることをやり尽くそうと決めて、スタートを待ちました…

レース展開と反省は上記の通りです!

万全の状態で挑んだものの、練習で行えていたことができませんでした。

経験不足、力不足としか言えないです。

練習でできたことは本番で絶対できるとは限らない。

でも練習でできないことは間違いなく本番で絶対できない。

だから練習あるのみ、です。

終わった後は下山用に仕込んでおいた冬装備に即着替えるつもりが、手に取った荷物が番号の似た別のバッグでした汗

既に上裸になってしまってたので、焦りと寒さとで一気に限界に笑

ただここまで準備しておいて本当に良かった。伊吹山の教訓がいきました。笑

下りは慎重に、居合わせた知り合いの方とお話ししつつゆっくり下りました。

そして下山すると沢山の知り合いとお会いできました!

無事目標達成できた人、惜しくも届かなかった人のいろんな想いが聞けました。

自分は目標を達成できませんでしたが、周りの方がそれぞれ頑張ってきた結果目標を達成されたのを聞くと大げさではなく自分のことのように嬉しいです(^^)

特に富士ヒルは、関わらせていただいたお客様方も多く参加されている大会で、皆さんの嬉しい報告を聞けたのが本当に嬉しかった。

中には悲願のゴールドを取られたり、選抜で入賞されたりと。

ほんの少しでもその一部になれたことが何より、冥利に尽きます。

こうしたモチベーションも生まれたので、自転車の楽しみ方がより広がったなと実感しました!!

遠征仲間も沢山でき、レースでも多くの方と苦労を分かち合えるようになり、なんというかこの一年は自転車人としてとても成長できているなと感じます。

この場を借りていつも良くしてくださる皆様に感謝申し上げます。

今後はどんな風に遊ぶ?

富士ヒル以降はヒルクライムレースは1つもエントリーしていません。

特にこれといった理由もないのですが笑

東京ヒルクライムは出ようかな〜といった感じですね。

いずれにせよ地力はつけなければなので、トレーニングは継続していきます。

なんだかんだで、ヤビツが色々とちょうどいいんだよなぁ。

秋のツールドおきなわの140kmで戦おうと思っており、そこに照準合わせて動いていこうかなと思っています。

エンデューロとかグランフォンドとか、色々チャレンジしていく予定です。

あとはブルベのSRですね!あと400と600が残っているので夏と秋で取ります。

もっともっと自転車を遊び尽くしていきます◎

おしまい

▼この記事をSNSでシェアする▼
この記事を書いている人 - WRITER -
サイクルセラピスト/バイクフィッター/フリーランスの理学療法士です!日本中のサイクリストがもっともっと自転車を活き活きと楽しめるようにフィッティングや施術、パーソナルトレーニングなど各種サービスを展開中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ACTIVIKE , 2019 All Rights Reserved.